加齢臭が気になったら始める食生活改善法

MENU

加齢臭が気になったら!今日から始める食生活改善法

 

加齢臭の原因になってしまうノネナールは、皮脂腺内にある脂肪酸、パルミトレイン酸が過酸化脂質と結合することで発生し、臭いにおいを出すようになります。体内に活性酸素が増えると過酸化脂質も増えることになるため、抗酸化作用の高い食材を取り入れるようにすると良いです。

 

脂質の多い食事を食べるようになると脂肪酸が増えやすくなるので、お肉の食べすぎに注意しつつ、フライドポテトや油で揚げて作られるスナック菓子も食べすぎは良くありません。アルコールの摂取も加齢臭には良くありませんが、ワインのようにポリフェノールが含まれているものであれば抗酸化作用や抗殺菌作用があるので上手く取り入れると良いです。

 

抗酸化作用が高い食材にはポリフェノール以外にもビタミンCやビタミンE、βカロチン、コエンザイムやクエン酸がたくさん含まれているもので、ホウレン草やトマト、ニンジンさらにはパプリカなどがあります。ビタミンCやβカロチンなどは、美白効果や細胞の修復効果が期待できるため摂取を続けることで美肌を目指すことも可能であり、免疫力を高めるサポートにもなる栄養成分です。

 

加齢臭に有効的な栄養は、油とともに取り入れることでより効果が期待できる成分もあります。調理する際は動物性油よりも植物性が良く、とくにオリーブオイルであれば抗酸化作用があって、中性脂肪がつきにくいため適しています。